ここから本文です。

平成28(2016)年7月31日更新

おしえて!オリンピック・パラリンピック

今回は、パラリンピックの馬術を紹介します。

パラリンピック馬術は、人馬一体となった演技の正確性と芸術性を、男女混合で競い合う競技です。種目は、「チームテスト、チャンピオンシップテスト」の二つの規定演技と、所定の課目を各自で選んだ楽曲に合わせて演技する「フリースタイルテスト」があります。これらの種目は、障害の程度に応じて5つのグレードに分かれて競技を行います。

東京パラリンピックは憧れの舞台

東京都出身の佐藤むつみ選手は、東京2020大会への意気込みについて、「私は、30歳の頃から、網膜色素変性症によって視力を失い、それからホースセラピーで馬に乗り始めました。今は競技にまで出られるようになって、夢中で練習しています。東京パラリンピックは憧れの舞台です。大きな目標に向かって頑張りたいです」と語っています。
大きな活躍が期待される日本選手を、皆さんぜひ注目して下さい。
※全盲の選手は、自分の場所を教えてくれるコーラ-の合図を頼りに演技を行います。

おしえてオリンピック・パラリンピック
(c)JRAD_COLZACAP2016

お問い合わせ
オリンピック・パラリンピック準備局総合調整部電話03-5320-7480

ページの先頭へ戻る