ここから本文です。

平成28(2016)年11月30日更新

年末年始 救急事故に気をつけよう!

寒さが厳しくなるこの時季は、忘年会など飲酒の機会も増え、救急事故が増加します。飲酒や入浴などによる事故に十分注意して、新しい年を迎えましょう。

飲酒による事故をなくそう

昨年、急性アルコール中毒で救急搬送された方は15,474人でした。特に20歳~30歳代の若い世代に集中し、中には死亡例もあります。自分の適量を知り、体調によっては飲まない選択も必要です。

餅などによる窒息事故に注意

年末年始は、高齢者が餅をのどに詰まらせて窒息する事故が多発しています。小さく切った餅でも続けて口に入れると、のどに詰まることがあります。食事はなるべく家族と一緒に、ゆっくりかんで食べましょう。

入浴による事故を防ぎましょう

この時季は気温が下がり、お風呂の湯と浴室内との温度差から、入浴時の体への負担が大きくなります。次の点を心掛けましょう。

  1. 脱衣所や浴室の温度を上げておく
  2. 食後すぐや、深夜に入浴しない
  3. 湯温は40度程度にして長湯を避ける

詳細はホームページで。

問い合わせ先

東京消防庁救急指導課 電話03-3212-2111内線4625
ホームページ

救急相談センターをご利用下さい

急な病気やけがのときなど、救急車の利用や医療機関の受診で迷った場合には、東京消防庁救急相談センターをご利用下さい。

(携帯電話・PHS・プッシュ回線)
電話♯7119 24時間・年中無休

つながらない場合は
[23区]電話03-3212-2323
[多摩地区]電話042-521-2323

問い合わせ先

東京消防庁救急医務課 電話03-3212-2111内線4545
ホームページ

ページの先頭へ戻る