ここから本文です。

平成29(2017)年1月31日更新

都民ファーストでつくる「新しい東京」
~2020年に向けた実行プラン~を策定しました

図 写真

実行プランのポイント

  1. 都民FIRST(ファースト)の視点での4カ年の政策展開
  2. FIRST戦略」が示す、首都東京の成長戦略
  3. 東京のFUTURE 明るい東京の未来像の一端を描く
    「Beyond2020 ~東京の未来に向けて~」

4カ年(2017年~2020年)の政策展開

都民ファーストの視点で「3つのシティ」を実現し、「新しい東京」をつくる。

新しい東京

  1. 誰もが安心して暮らし、希望と活力を持てる東京
  2. 成長を生み続けるサステイナブルな東京
  3. 日本の成長エンジンとして世界の中で輝く東京

セーフ シティ

もっと安全、もっと安心、もっと元気な首都・東京

  1. 地震に強いまちづくり
  2. 自助・共助・公助の連携による防災力の向上
  3. 豪雨・土砂災害対策
  4. 都市インフラの長寿命化・更新
  5. まちの安全・安心の確保
  6. まちの元気創出
  7. 多摩・島しょ地域のまちづくり

ダイバーシティ

誰もがいきいきと生活できる、活躍できる都市・東京

  1. 子供を安心して産み育てられるまち
  2. 高齢者が安心して暮らせる社会
  3. 医療が充実し健康に暮らせるまち
  4. 障害者がいきいきと暮らせる社会
  5. 誰もが活躍できるまち
  6. 誰もが優しさを感じられるまち
  7. 未来を担う人材の育成
  8. 誰もがスポーツに親しめる社会

スマート シティ

世界に開かれた、環境先進都市、国際金融・経済都市・東京

  1. スマートエネルギー都市
  2. 快適な都市環境の創出
  3. 豊かな自然環境の創出・保全
  4. 国際金融・経済都市
  5. 交通・物流ネットワークの形成
  6. 多様な機能を集積したまちづくり
  7. 世界に開かれた国際・観光都市
  8. 芸術文化の振興

3つのシティの主な政策目標

セーフ シティ

無電柱化の推進

  • 東京都無電柱化推進条例(仮称)の策定〈2017年度〉
  • 電柱新設の禁止(道路法第37条の適用) 都道全線指定(約2,200km)〈2017年度〉

倒れない・燃えないまちの形成

  • 住宅の耐震化率95%以上〈2020年度〉
  • 木造住宅密集地域(整備地域内)の不燃化 不燃領域率70%〈2020年度〉

都市インフラの戦略的な維持管理と計画的な更新

  • 予防保全型管理
    橋りょう:160着手(累計)〈2024年度〉
    トンネル:26着手(累計)〈2024年度〉
  • 下水道管の再構築完了(整備年代の古い都心4処理区16,300ヘクタール)〈2029年度〉
  • 配水管の耐震継手化完了(首都中枢・救急医療機関・競技会場等への供給ルート)〈2019年度〉

ダイバーシティ

待機児童の解消

  • 保育サービス利用児童数7万人分増(2016年度から4年間)〈2019年度末〉

高齢者が安心して暮らせる社会の実現

  • 特別養護老人ホームの整備 定員6万人分〈2025年度末〉
  • 認知症高齢者グループホームの整備 定員2万人分〈2025年度末〉

障害者がいきいきと暮らせる社会の実現

  • 障害者雇用4万人増〈2024年度末〉
  • 障害者に対する就労・職場定着支援 6,000人〈2020年度末〉

ライフ・ワーク・バランスの充実

  • 働き方改革宣言企業 4,000社〈2020年度〉
  • 「男性も家事・育児を行うことは当然である」というイメージを持つ都民の割合(50.9%(2015年)) 70%〈2020年度〉

女性の活躍推進

  • 女性(25歳~44歳)の有業率の上昇 78%〈2022年〉
  • 都の支援による就職者(女性) 11,500人〈2020年度〉
  • 都の支援により起業を目指す女性 500人/年〈2020年度〉

すべての子供たちの可能性を広げる教育

  • 授業を理解できていないと思う高校生(21%(2011年)) 15%未満〈2021年度〉
  • 生徒の英語力(中学生:英検3級程度、高校生:英検準2級程度) 60%〈2020年度〉

スマート シティ

スマートエネルギー都市の実現

  • 都内温室効果ガス排出量30%削減(2000年比)〈2030年〉
  • 都有施設におけるLED照明普及率おおむね100%〈2020年度〉
  • 次世代自動車等の普及割合(乗用車)40%〈2020年度〉
  • 都内の太陽光発電設備導入量70万キロワット〈2020年〉
  • 家庭用燃料電池普及台数15万台〈2020年〉

“もったいない”意識の定着

  • 2030年度までに食品ロス半減を達成するための「食品ロス削減・東京方式」の確立〈2020年度〉
  • レジ袋無償配布ゼロ〈2020年度〉

暑さ対策の推進

  • クールエリアの創出(競技会場周辺など) 6エリア程度〈2019年度〉
  • 都道での遮熱性舗装・保水性舗装の整備 約136キロメートル(累計)〈2020年〉

国際金融都市・東京の実現

  • 都による金融系外国企業誘致の加速化 40社誘致〈2020年度〉

イノベーションの促進・中小企業支援

  • 都の支援による中小企業の成長産業分野への参入(ライフサイエンス、環境・エネルギー等) 700件〈2020年度〉
  • 都の支援による中小企業の海外展開の実現 1,500件〈2020年度〉
  • 都内中小企業等の事業承継・再生等に対する支援 2,000件〈2020年度〉

世界に冠たる観光都市・東京の実現

  • 年間訪都外国人旅行者数 2,500万人〈2020年〉
  • 年間訪都外国人旅行者のリピーター数 1,500万人〈2020年〉
  • 年間訪都外国人旅行者による消費額 2.7兆円〈2020年〉

「FIRST戦略」が示す、首都東京の成長戦略

 東京が日本の成長のエンジンとして、サステイナブル、持続可能な成長に向けて、「東京の成長戦略」の大きな方向性を提示

東京の挑戦

  • Challenge 1
    都内GDP 94.9兆円⇒120兆円
  • Challenge 2
    訪都外国人旅行者数 1,189万人⇒2,500万人
  • Challenge 3
    都民の生活満足度 54%⇒70%
  • Challenge 4
    世界の都市ランキング 3位⇒1位

※Challenge 1~4の正しい数字の表記はローマ数字です。

FIRST戦略

各戦略の頭文字から「FIRST」と称し、「世界で一番」「東京が先頭に立って挑戦」という方向性を提示

  • Strategy 1
    金融(Finance)
  • Strategy 2
    イノベーション(Innovation)
  • Strategy 3
    強みを伸ばす(Rise)
  • Strategy 4
    誰もが活躍(Success)
  • Strategy 5
    最先端技術(Technology)

※Strategy 1~5の正しい数字の表記はローマ数字です。

東京のFUTURE 明るい東京の未来像の一端を描く「Beyond2020 ~東京の未来に向けて~」

2020年の更にその先に目を向け、科学技術の進歩や個人の意識の大きな変化などを通した、明るい東京の未来像の一端を提示

東京の未来像の例(1)

いきいきと暮らせる、未来の東京

  • テレワークが多くなり、オフィスへの出勤は週に数日程度
  • 通勤ラッシュは過去の話
  • 職場では、管理職や役員の半数が女性で、海外の優秀な人材も多い
  • 宇宙旅行が現実となり、ロケットは東京の中小企業の高い技術が使われている

東京の未来像の例(2)

新時代の技術と懐かしさが融合する、未来の東京

  • 自動運転技術の進歩で、渋滞・交通事故が解消
  • スポーツ拠点、ユニバーサルデザインなど、まちのいたるところに東京2020大会のレガシーが息づく
  • 電柱や電線は姿を消した
  • 「ごみ」という言葉は死語となり、完全循環型社会が形成

※「2020年に向けた実行プラン」冊子(500円)・概要版(100円)を都民情報ルーム(都庁第一庁舎3階)で販売しています。

問い合わせ先

政策企画局計画部 電話03-5388-2131
ホームページhttp://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/actionplan_for_2020/

ページの先頭へ戻る