トップページ > 都政情報 > 広報 > WEB広報東京都 > バックナンバー > 広報東京都平成29年4月号 > おしえて!オリンピック・パラリンピック

ここから本文です。

平成29(2017)年3月31日更新

おしえて!オリンピック パラリンピック

今回は、オリンピックのカヌー競技を紹介します。

カヌー競技がオリンピックの正式種目となったのは、1936年ベルリン大会からです。1948年ロンドン大会からは女子種目も追加されました。
カヌーはボートと違い、こぎ手が艇(てい)の進行方向に向いていることが特徴です。
甲板が無く片端に水かきがあるパドル(櫂(かい))を使う「カナディアンカヌー」と、こぎ手が座るコックピット以外は甲板で覆われ、両端に水かきのあるパドルを使う「カヤック」があります。種目は「カヌースラローム」と「カヌースプリント」の2種目です。
2016年のリオ大会で銅メダルを獲得した「カヌースラローム」は、変化に富んだ流れのある川で、吊るされたゲートを通過する技術と所要時間の両方を競う競技です。1艇ずつスタートし、ゲートに接触したか、非通過のゲートが有るか否かによる減点と所要時間を計算し、順位を付けます。
「カヌースプリント」は、200m、500m、1000mの直線コースをいかに速くこぐかを争う競技です。

東京2020大会で、最高の姿を見せる

リオ2016大会銅メダリストの羽根田卓也選手は、東京2020大会への意気込みについて、「前回のリオオリンピックではメダル獲得により、たくさんの方々にカヌースラローム競技を知っていただけました。今度の東京2020大会では日本初の人工カヌースラロームコースが葛西臨海公園の隣接地に建設されます。オリンピックという素晴らしい舞台で国民の皆様にカヌースラローム競技を直に見ていただけること、また自分も選手として挑戦できることを本当に幸せに思います。その舞台で最高の姿を見せることができるよう頑張ります」と語っています。
東京2020大会において大きな活躍が期待される日本代表選手を、皆さんぜひ応援して下さい。

カヌー写真

写真提供 日本カヌー連盟

お問い合わせ
オリンピック・パラリンピック準備局総合調整部 電話03-5320-7480

ページの先頭へ戻る