ここから本文です。

平成29(2017)年5月31日更新

就職差別解消促進月間
~なくそう就職差別、問われる企業と社会の人権感覚~

就職は、生活の安定や労働を通じた社会参加など、人間が幸せに生きていくうえで基本となるものです。このため、採用選考は、応募者の適性と能力に基づき公正に行われなければなりません。しかし、面接時に本籍地や思想・信条等を聞くなど、就職差別につながる恐れの強い事例が現在もあります。
東京都では、6月を「就職差別解消促進月間」とし、国等と連携してさまざまな啓発活動を展開します。

講演と映画の集い・雇用主研修会

6月8日(木曜)13時30分~16時15分、共立女子大学で。当日先着1,000人。

講演

「企業と人権~人権問題の今」

講師

岡内伸二(資生堂ジャパン株式会社人事部)

映画

「人権啓発は企業にどんな力をもたらすのか」

お問い合わせ
産業労働局労働環境課
電話 03-5320-4649
ホームページ http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/04/25/07.html

ページの先頭へ戻る