ここから本文です。

平成29(2017)年6月30日更新

弾道ミサイル落下時の行動について

  • 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラート(全国瞬時警報システム)を活用し、防災行政無線で特別なサイレン音とメッセージを流すほか、緊急速報メール等を発信します。

メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとって下さい。

屋外にいる場合

  • できる限り頑丈な建物や地下に避難する。
  • 近くに建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る。

屋内にいる場合

  • 窓から離れ、できれば窓のない部屋に移動する。

「東京防災」の164ページ以降にも、身を守るための記載がありますので、対応についてご確認下さい。

図

お問い合わせ
総務局防災管理課 電話03-5388-2587
ホームページhttp://www.bousai.metro.tokyo.jp/taisaku/1000063/1000418.html
国民保護ポータルサイトhttp://www.kokuminhogo.go.jp/(外部サイトへリンク)

ページの先頭へ戻る