ここから本文です。

平成29(2017)年6月30日更新

ロゴ

涼を求めて辿る、癒しの風景
国分寺散策(国分寺市)

写真
透明度の高い真姿の池
こちらよりパソコン用壁紙をダウンロードできます。

名水百選(環境省選定)のひとつである「お鷹の道・真姿(ますがた)の池湧水群」は国分寺駅と西国分寺駅の中ほど、市街地の中にひっそりと佇んでいる。お鷹の道の脇の小川には、清らかな湧水が流れる。その水は、木々の中を悠々と流れ、真姿の池へと私たちを導いてくれる。
平安時代、重い病で醜くなった絶世の美女・玉造小町(たまつくりこまち)が池の水で身を清めたところ、病気が治癒し美しい姿に戻ったという伝承から真姿の池と呼ばれるようになったという。川底まで鮮明に見える澄み切った水の音に癒されながら、涼やかな気持ちで散策ができる。


写真
ゆったりくつろげる読書スペース
(都立多摩図書館)

心地よい風に誘われて、しばらく歩くと、まぶしい緑に囲まれた武蔵国分寺公園に出る。開放感のある広い芝生や、藤棚のつくる木陰は憩いの時間を運んでくれる。公園を抜けると「森の中の本の森」をコンセプトに作られた都立多摩図書館がある。「東京マガジンバンク」として雑誌約17,000誌を所蔵し、公立最大級の規模を誇る。児童書や青少年資料も充実している。
豊かな緑がつくる穏やかな光に包まれながら、読書に浸る贅沢なひととき。自然と文化が共鳴する街で、あなたは何に出会うだろう。

JR中央線、西武国分寺線・多摩湖線「国分寺」駅、JR中央線・武蔵野線「西国分寺」駅下車。「お鷹の道・真姿の池湧水群」へは、駅から徒歩約15分。
国分寺市観光協会 電話042-325-0111。都立武蔵国分寺公園 電話042-323-8123。
都立多摩図書館 電話042-359-4020。「西国分寺」駅から徒歩7分。10時〜21時((土曜)(日曜)(祝日)は17時30分)。第1木曜日他休館。

 

お問い合わせ
生活文化局広報課 電話03-5388-3093

ページの先頭へ戻る