ここから本文です。

平成29(2017)年7月31日更新

ホストシティTokyoプロジェクトが始動します!

写真 写真
リオ2016大会での
ライブサイトの車いすバスケットボール体験
小笠原村での
東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会まで、あと3年となりました。伝統と革新に裏打ちされた文化、最新のテクノロジー、環境への高い意識、災害対応のノウハウなど、東京2020大会は、大会の舞台となる東京が持つ力を磨き上げ、新たな魅力と成長を獲得する最大の契機です。東京2020大会を「史上最高の大会」へと導き、東京の都市としての質・価値を一層高めるため、東京都では「ホストシティTokyoプロジェクト」を立ち上げました。
今後、都全体で、ホストシティ(開催都市)としてのさまざまな事業を展開していきます。

1 大会気運醸成

祝祭・盛り上げ空間の創出、都民・国民参加プログラムの展開

2 魅力発信(観光・文化・シティセールス)

魅力的な観光資源の開発・発信、東京文化プログラムの拡充・推進

3 復興・防災

被災地支援・復興の発信、東京の防災力・災害対応力の発信

4 環境

環境施策の都市間ナレッジシェア(※1)の推進、水素エネルギー利活用の推進、低炭素・快適性等を備えたスマートエネルギー都市

5 先端技術

テクノロジー・ショーケース(※2)、都市づくりの情報発信、パラスポーツ用具の開発

※1 都市間ナレッジシェア:世界の都市と経験や情報を共有する仕組みづくり。
※2 テクノロジー・ショーケース:東京を先端技術の展示の場とし、国内外へ発信すること。

お問い合わせ
政策企画局政策課 電話03-5388-2240
ホームページ http://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/hostcitytokyo/index.html
オリンピック・パラリンピック準備局総合調整部 電話03-5388-2493

ページの先頭へ戻る