ここから本文です。

平成29(2017)年8月31日更新

9月1日は「防災の日」
一人一人の取り組みがみんなの命を守ります

災害はいつ起こるかわかりません。被害を最小限に抑えるためには、日ごろの備えが大切です。
「防災の日」をきっかけに、防災訓練に参加するなど、家族や友人、地域の方々と一緒に、できることから始めましょう。

イラスト 写真
防サイくん
写真

水害被害を防ぐために!

ゲリラ豪雨・集中豪雨は突然やってきます。すぐに安全な場所へ避難し、丈夫な建物の中で身を守りましょう。低地帯・河川・山間部は特に注意が必要です。

イラスト
防サイくん

命を守るための3つの心得

  • 洪水ハザードマップで危険箇所・避難する場所を確認
  • 気象情報・自治体避難情報などの情報を確認
  • 豪雨(大雨)になる前の早めの避難

災害時は落ち着いて行動しましょう

地震発生直後は、余震や火災の発生、建物の倒壊など二次災害に巻き込まれる可能性があります。むやみに帰宅したり移動を開始せず、安全な場所にとどまりましょう。また、家族との安否確認手段を決め、日頃から備えておきましょう。

安否確認手段

※毎月1日と15日に体験ができます。

  • 災害用伝言ダイヤル(171)
  • 災害用伝言板(携帯電話各社)
  • TwitterやFacebookなど
    ロゴ ロゴ

「日常備蓄」で災害に備える!

「日常備蓄」とは、自宅で生活するうえで必要な食料品や生活必需品を確認して、少し多めに購入し、古いものから順に消費し、減った分を補充していくことです。普段使っているものを常に少し多めに備えておきましょう。

活用してますか?「東京防災」

図 図

「東京防災」には、知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な「災害の備え」を多く掲載しています。「今やろう」マークが付いているページはすぐに確認し、必ず実践しておきましょう。

お問い合わせ
総務局防災管理課 電話03-5388-2453
ホームページ http://www.bousai.metro.tokyo.jp/

ページの先頭へ戻る