ここから本文です。

平成30年(2018年)4月30日更新

ロゴ

常に真剣に、信頼で輝く
理容師 松本伸(まつもとしん)さん(平成17年度受賞)

扉を開けば、穏やかな笑顔に迎えられ、一瞬で安心感に包み込まれる。
全国理容技術競技大会での優勝を経て、現代の名工、黄綬褒章を受賞(章)。その確かな技術と人柄に惹かれ、松本伸さんの理容室には全国からお客さんが集まり、各界の著名人も通う。
日本一になると心に決めて、小学生の頃から理容の仕事に携わってきた。長年のキャリアを物語る、シャンプーの手ともいえる自然に膨らんだ指は「宝物」。「指一本一本に心を込めて」お客様に誠心誠意向き合ってきた。父親の指導は厳しかったが「父から息子へ『真心』が受け継がれた」という。
理容師の魅力は「お客様との信頼関係」と語る松本さん。鋭利な刃物を使用する職業だからこそ、常に真剣勝負。正しい角度と基本の姿勢は崩さない。「最も大切なことは、基本を磨き、信頼で輝くこと」。また、「一生懸命さが伝わって人は動き、努力が結実する」とも。日本人特有の髪質に合ったカット技法の開発や理容の文化史についての研究書出版等、物事を徹底的に極める姿が、出会った人々の心を動かした。
「お客様との出会いこそ原動力。"生きた会話″をしながら人生を送ることができるのはありがたい」と松本さん。今後の展望を聞くと「東京2020大会では、世界の人々に日本の理容技術のおもてなしを味わってほしい」。松本さんは、今日も訪れた全ての人に、心地の良いひとときを届けていく。

■東京マイスターWEBサイト http://www.meister-award.metro.tokyo.jp/

大学時代から「芸術と技術の関わり」を研究してきた。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.