ここから本文です。

平成30年(2018年)8月31日更新

ホストシティロゴ

一緒に盛り上げよう!
ホストシティTokyoプロジェクト(2)

東京都では、東京2020大会を「史上最高の大会」へと導くとともに、多彩な文化や優れた技術力など、東京が持つ都市としての魅力を一層高め、国内外に発信するため、「ホストシティTokyoプロジェクト」を展開しています。
今回は、ホストシティ(開催都市)として取り組む6分野の事業のうち、「魅力発信」の分野についてお伝えします。

魅力発信

世界中から多くの人々が集まる東京2020大会を契機に、東京の新しい魅力を生み出し、快適に滞在できる環境を整備するため、さまざまな事業を展開しています。

ユニークベニュー

海外から多くの人が集まる国際会議等の開催は、都市の存在感を高めるとともに、経済の活性化が期待されます。東京でより多くの国際会議等が開催されるよう、美術館・博物館や庭園、神社仏閣といった東京の歴史や伝統、芸能文化など多様な魅力が体験できる施設を会場として利用する「ユニークベニュー」の取り組みを進めています。

庭園の写真
浜離宮恩賜庭園

バリアフリー情報の発信

高齢者や障害者、乳幼児を連れた人など全ての人が、外出する際に必要な情報を簡単に入手できるよう取り組んでいます。
都内のバリアフリー情報をまとめたポータルサイト「とうきょうユニバーサルデザインナビ(外部サイトへリンク)」では、各区市町村のトイレ情報やバリアフリーマップ(地域における多目的トイレの場所や、駅・店舗等のバリアフリー化の状況等)、授乳・おむつ替えスペース情報などを提供しています。

お問い合わせ
政策企画局調整部 電話03-5388-2240
ホームページ https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/cross-efforts/host-city-tokyo/

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.