ここから本文です。

令和元年(2019年)7月31日更新

ロゴ

山と水、自然の涼を求めて
払沢(ほっさわ)の滝(檜原村)

滝の写真
払沢の滝のライトアップは18時30分~20時30分
こちらよりパソコン用壁紙をダウンロードできます。

豊かな自然に囲まれた東京都唯一(島しょを除く)の村、檜原村。東京の西に位置し、都心から約50キロメートル、電車とバスを乗り継いで2時間ほど。面積の93%を森林が占め、見渡す限りの緑と、透明度抜群の秋川の清流が多くの人を惹きつけている。
村の全てが観光資源のような檜原村で、特に有名なのが滝巡り。中でも東京で唯一「日本の滝百選」に選ばれている払沢の滝は、ぜひ足を運んでほしい場所だ。武蔵五日市駅からバスに乗り、払沢の滝入口で下車。杉や檜(ひのき)のチップが敷かれた遊歩道を、川のせせらぎや森林浴を味わいながら進むと、700メートルほどで滝に到着する。
ゴーッという音に導かれ滝つぼに近づくと、水の勢いで周りの木々の葉が揺れている。目の前に見える滝の落差は26メートルだが、その上にも滝が流れており、全長は60メートルにも及ぶ。滝のミストをたっぷり浴びていると、自然のエネルギーが体に浸透していく気持ちになるから不思議だ。
さらに幻想的な体験をしたければ、滝のライトアップ期間(8月12日(休日)~18日(日曜日))がおすすめ。17日(土曜日)・18日(日曜日)は檜原小学校で「払沢の滝ふるさと夏まつり」(外部サイトへリンク)が開かれ、花火などさまざまな催しも行われる。この夏のレジャー計画のひとつに、加えてみてはどうだろう。

遊歩道の写真
足に優しいウッドチップが敷かれた遊歩道

払沢の滝へは、JR五日市線「武蔵五日市」駅から(1)番乗り場のバスで「藤倉」「払沢の滝入口」「数馬(払沢の滝またはやすらぎの里経由)」行きに乗り「払沢の滝入口」下車、徒歩約20分。バス停近くに駐車場有。

[檜原村観光協会]電話 042-598-0069 ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ
生活文化局広報課 電話 03-5388-3093

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.