トップページ > 都政情報 > 広報 > WEB広報東京都 > バックナンバー > 平成28年(2016年) > 広報東京都平成28年3月号 > WEB広報東京都[平成28年3月/史上最高のオリパラを契機に、発展し続ける都市の実現]

ここから本文です。

平成28(2016)年3月1日更新

WEB広報東京都[平成28年3月/史上最高のオリパラを契機に、発展し続ける都市の実現]

東京をより進化した成熟都市へと力強く前進させる積極果敢な取り組み 平成28年度予算案の主な事業 ( )内は27年度予算額を表します。

史上最高のオリンピック・パラリンピックを契機に、さらに発展し続ける都市の実現

東京2020オリンピック・パラリンピックの成功に向けた準備

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催準備 90億円(47億円)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を史上最高の大会とするため、リオデジャネイロ2016大会を契機とした普及啓発や気運醸成など、国、東京2020組織委員会等と緊密に連携・分担して、開催準備を加速させます。

オリンピック・パラリンピック競技施設等の整備 532億円(480億円)

世界中から訪れるアスリートや観客の誰もが快適に大会を楽しめることはもとより、大会後も都民・国民に末永く親しまれ、有効に活用される施設となるよう、外部の意見等を参考にしながら着実な整備を実施します。

バリアフリー化の推進 28億円(22億円)

東京を誰もが快適に暮らせ、安心して旅行できるまちにするため、鉄道駅へのホームドアの整備を進めるとともに、道路や宿泊施設のバリアフリー化を促進するほか、心と情報のバリアフリーに向けた普及啓発を強化するなど、ハード・ソフト両面からバリアフリー化を推進します。

スポーツ都市東京の実現

スポーツの振興 28億円(22億円)

都民の誰もが、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツを楽しめる「スポーツ都市東京」の実現を図るため、働き盛り・子育て世代からシニアまで、より多くの人々がライフスタイルに応じて、身近な場所でスポーツに参加できる環境を整備します。
また、海外トップコーチの招聘(しょうへい)を通じ、指導者の能力開発を図るなど、トップアスリートの育成に向けた総合的な競技力向上施策を展開します。

障害者スポーツの振興 58億円(21億円)

東京2020パラリンピック競技大会開催に向け、障害者スポーツの理解促進、普及啓発や、障害者が身近な地域でスポーツを楽しめる環境づくり、アスリートの発掘・育成・強化の一体的実施による競技力の向上など、障害者がスポーツに親しめる環境の整備を加速させます。

ボランティア文化の定着 3億円(1億円)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に、ボランティア活動の気運醸成や活動支援を行うなど、社会貢献活動の活性化により、共生社会の実現を目指します。

芸術文化施策の推進 38億円(25億円)

アーツカウンシル東京を活用した人材の育成や地方と連携した文化イベントを開催するとともに、アール・ブリュットの普及啓発・拠点形成や、伝統文化の理解促進に向けた取り組みを進めるなど、東京の芸術文化の多様性を都民や世界に向けて発信します。

オリンピック・パラリンピック教育の推進 16億円(10億円)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会とその先を見据え、4つのテーマ(オリンピック・パラリンピックの精神、スポーツ、文化、環境)と4つのアクション(学ぶ、観る、する、支える)による多彩なオリンピック・パラリンピック教育を推進し、子供たち一人一人の心と体に、人生の糧となるかけがえのないレガシー(遺産)を形成します。

エネルギー・環境対策の推進

水素社会の実現 45億円(12億円)

低炭素な次世代エネルギーである水素エネルギーの活用を促進するため、燃料電池自動車の導入促進や中小ガソリンスタンドへの水素ステーション導入支援をはじめ、需要・供給両面から取り組みを進めるとともに、次世代を担う子供たち等の環境意識の向上を図るなど、水素社会の実現に向けた取り組みを推進します。

都市のスマートエネルギー化の推進 151億円(98億円)

家庭用燃料電池等の導入支援などにより、家庭におけるエネルギー消費量の削減を図るとともに、民間事業者に対する整備費の補助により、自家消費型再生可能エネルギーの導入拡大を後押しするほか、環境性能が高く誰にでもやさしいユニバーサルデザインタクシーの普及促進に向けた取り組みを進めるなど、低炭素・快適性・防災力を同時に実現するスマートエネルギー都市を目指します。

地球温暖化・ヒートアイランド対策 177億円(156億円)

中小テナントビルにおいて、オーナーとテナントが協力して省エネに取り組むグリーンリースの普及を目指すなど、地球温暖化対策を推進するとともに、暑熱対策として、センター・コア・エリアを中心に遮熱性舗装を着実に実施するほか、都営バス停留所へのドライミスト設置、企業・NPO等と連携した打ち水イベント等の取り組みを進めるなど、ヒートアイランド対策を積極的に推進します。

問い合わせ先

財務局財政課
電話番号:03-5388-2669
ホームページ:http://www.zaimu.metro.tokyo.jp/

ページの先頭へ戻る