ここから本文です。

平成28年(2016年)7月1日更新

WEB広報東京都[平成28年7月/東京のオアシス]

歴史・文化の薫る 緑豊かな地 荻窪南界隈(杉並区)

写真

角川庭園・幻戯山房

窪駅南口の商店街から一歩入ると、閑静な住宅街が広がる。この地域は、大正時代に別荘地として知られ、関東大震災後、東京市民の郊外転入により発展しはじめた。昭和初期には多くの文化人が移り住み、総理大臣を三度務めた近衛文麿もこの地に別邸(荻外荘(てきがいそう))を構えた一人である。戦後、善福寺川流域の水田が埋め立てられ住宅地や緑地となった。
その時代の面影は、わずかに姿を変え、現在も息づいている。駅から10分ほどの大田黒公園もその一つである。ここは、音楽評論家・大田黒元雄氏の屋敷跡を日本庭園として整備し開園した。正門を入ると樹齢100年を超えるイチョウ並木が来園者を迎える。自然の起伏を生かした回遊式の庭園には、ケヤキ・アカマツなどの巨木が青青と茂る。園内の記念館は、大田黒氏の仕事場の洋館を改装したもので、生前愛用のピアノなどが展示されている。

5分ほど離れた場所には、角川庭園・幻戯山房(げんぎさんぼう)がたたずんでいる。俳人で書店創設者・角川源義氏の旧邸宅を改修し開園した。園内では、バショウ・サルスベリなど俳句の季語となる四季折々の花や草木を楽しむことができる。
の日差しと木漏れ日の中、歴史と文化の薫りを肌に感じながら、文化人ゆかりの地を歩いてみてはいかがだろうか。

JR線・東京メトロ丸の内線「荻窪」駅下車

問い合わせ
活文化局広報課 電話03-5388-3093

写真

大田黒公園のイチョウ並木

壁紙マークマークをクリックしてパソコン用壁紙をダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.