トップページ > 都政情報 >とちょうダイアリー > これまでの都政レポート > 都政レポート/2019年 > 3月 > 東京都現代美術館 リニューアル・オープン記念式典

ここから本文です。

都政レポート  2019年3月29日  生活文化局

 東京都現代美術館 リニューアル・オープン記念式典

東京都現代美術館リニューアル・オープンに先立ち、3月27日、記念式典が開催された。

東京都現代美術館ロゴ
東京都現代美術館

入口外観
入口外観

東京都現代美術館は、大規模改修工事に伴う約3年間の休館を経て、平成31年3月29日、リニューアル・オープンする。
今回の改修では、経年劣化への対応・機能改善として、各設備機器の更新、館内の内装の全面的な更新、誘導サインの一新、照明のLED化などによる環境負荷低減を実施。また、利用者サービスの向上のため、展示室内のエレベーター増設、多目的トイレの拡充、子育て支援設備の充実、「こどもとしょしつ」の新設などに加え、館内外を巡ることができる回遊動線の再整備が行われた。さらに、レストラン、カフェ&ラウンジには新店舗がオープンするほか、ミュージアムショップが再オープンする。

式典で小池知事は、「大規模改修では、安全で快適に鑑賞していただけるようなさまざまな工夫をした。とても居心地のいい美術館になり、多様な現代アートに触れていただける機会を作った」とあいさつ。また、「来年の東京2020大会は、スポーツの祭典だと思われがちだが、文化の祭典でもある。東京2020大会を機に、東京から日本や東京の文化を発信していくための一つの拠点がよみがえった。都では、2020年に向けて『Tokyo Tokyo FESTIVAL』と銘打った文化プログラムを準備している。大会の気運を醸成するとともに大会後のレガシーの創出に向けて、さまざまな事業を実施する」、「インバウンドのお客さまが、現代美術館を目指してこられるような環境づくりをこれからも続けていく。文化を世界へ発信する東京であり続けたい」と述べた。

岡 素之館長は、休館中に実施していた地域での展示やイベントへの協力等に謝意を表した上で、「東京2020大会のレガシー創出に向けた事業の充実を図りながら、国内外の魅力的な現代アートをお届けする。より一層親しまれ、愛される美術館となるよう、あらゆる鑑賞者に開かれた美術館を目指し、館員一同これまで以上に努力していく」と決意を述べた。

 

作品名「太陽のジャイロスコープ」
作品名「太陽のジャイロスコープ」

式典であいさつする知事
式典であいさつする知事

 

リニューアル・オープン記念式典
リニューアル・オープン記念式典

リニューアル・オープン記念展として、3月29日から6月16日まで、企画展「百年の編み手たちー流動する日本の近現代美術ー」が開催される。

東京都現代美術館ホームページ(外部サイトへリンク)

 

 

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.