ここから本文です。

都政レポート  2019年4月4日  総務局

平成31年度東京都職員入都式

新元号が「令和」に決まった4月1日、東京都芸術劇場(豊島区)において、平成最後となる東京都職員入都式が執り行われ、新入職員が都の職員としての第一歩を踏み出しました。

今年の新規採用職員数は、事務638名、四大技術309名、技能運輸151名、専門職種などその他484名、任期付76名、合計1,658名となっています。(平成30年11月1日付及び平成31年1月1日付新入職員含む。教員、警察・消防職員を除く)

平成31年度入都式東京芸術劇場   平成31年度入都式エントランス

 

式典では、副知事や各局長等が見守る中、新入職員を代表し三國純一さん(主税局)と岩波里佳さん(教育庁)が知事から辞令を受けました。

知事は、「新しい元号の下で、日本は新たな時代の幕開けを迎えようとしています。東京にとっても、150年の歴史に続く次のステージへと歩み始めたところです。今年のラグビーワールドカップ、来年の東京2020大会、この世界的な2つの大会を推進力として、都市としてさらなる進化を遂げる。そして、東京と日本が成長を続けていく礎を築くことが、今、私たちに課せられている使命です」と述べました。
また、これから職員として業務に邁進するにあたりいつも心に留めてほしいこととして、「都民ファーストの視点を常に持つ」「視野を広げ、新しいことにチャレンジする姿勢を持つ」「ライフ・ワーク・バランスを大切にする」という3点を挙げました。
さらに「妄想するよりは活動せよ。疑惑するよりは活動せよ。話説するよりは活動せよ。」という東京市第7代市長である後藤新平の言葉を贈り、「東京の明るい未来に向けた思いを共有し、世界の変化のスピードに遅れることなく改革を進め、持続可能な「新しい東京」を築いていこうではありませんか。今日から共に、歩みを進めていきましょう。皆さんの頑張りを期待しています」と激励しました。

知事の式辞後、水野有矩さん(建設局)は「東京の都市インフラを支える土木職員として、安全、安心かつ快適な都市の実現に取り組み、困難な場面においても壁を乗り越えて一歩ずつ前へ進む、誰からも信頼されるような職員を目指して尽力していきたい」、石原麻衣さん(総務局)は「誰もが安心して暮らし、希望と活力を持てる東京の実現に向け尽力していきたい。5月から新元号となり、新しい時代に、新たな東京を作り出すという職務を誠心誠意遂行していく」と、それぞれ新入職員を代表して宣誓し、決意を述べました。

平成31年度入都式

 

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.