トップページ > 都政情報 >とちょうダイアリー > これまでの都政レポート > 都政レポート/2019年 > 4月 > 東京2020パラリンピックスポーツピクトグラムを発表

ここから本文です。

都政レポート  2019年4月22日  オリンピック・パラリンピック準備局

東京2020パラリンピックスポーツピクトグラムを発表

4月13日、東京2020パラリンピック大会の開催まで500日という節目の日に、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が東京2020パラリンピックスポーツピクトグラムを発表しました。

オリンピックスポーツピクトグラムと同様、グラフィックデザイナーである廣村正彰さんらで編成される開発チームによって制作された全22競技23種類のピクトグラムについて、小宮正章東京2020組織委員会副事務総長は、「オリンピックのピクトグラムと同じく、1964年の東京オリンピックのピクトグラムを出発点として、情報伝達性だけでなく、スポーツの躍動感を込めた。さらに、オリンピックとは異なる、パラリンピックならではの動きを表現した。」と思いを語りました。
パラリンピックトライアスロンの谷真海選手は「体と道具の融合がパラリンピックの見どころのひとつ。それがよく表されている」と感想を述べました。

 

射撃のパネルを持つ田口さん

田口亜希さん

トライアスロンのパネルを持つ谷選手

谷真海選手

ピクトグラムのパネルを示す田口さんと谷選手

 

また、今回お披露目されたピクトグラムのパネルは、特殊な印刷で表面に盛り上がりがあり、触って分かる工夫が施されていました。
最後に、パラリンピック射撃元日本代表の田口亜希さんは「500日前ということで、ピクトグラムも発表されて、ワクワク感が高まってくる。皆さんも何を見るかいろいろ悩んで、できれば全競技見てほしい」と語りました。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.