ここから本文です。

都政レポート  2019年4月24日  政策企画局

長期計画策定会議の開催

4月19日、午後1時20分から、都庁第一本庁舎において「長期計画策定会議」が開催されました。
本会議は、「新たな長期計画(仮称)」の策定に向けて、知事、副知事並びに関係局長からなる庁内検討組織として設けられました。長期計画は、2030年までの政策目標及び政策展開を定めるもので、2040年代を念頭に東京の姿を議論し、2030年の東京の将来像とそれに向けた具体的な政策目標等を設定します。

会議の冒頭で知事は「「都民ファーストでつくる「新しい東京」 2020年に向けた実行プラン」に基づき、「セーフ シティ」「ダイバーシティ」「スマート シティ」の3つのシティの実現に向けた施策を積極的に展開してきた。一方で、人口減少、少子高齢化、激化する都市間競争、気候変動、想定を超えた自然災害の危険・危機など、東京をとりまく環境は一層厳しさを増している。さまざまな課題を克服して明るい未来を描き、積極的に未来へ投資するにはどのようにすべきかを今回の長期計画で示していきたい。「成長」、「成熟」、この2つのキーワードを大切に考えていく」と、述べました。

また、長谷川副知事は「政策企画局には、総合調整を行う立場から全庁のとりまとめや各局の意見交換や調整を精力的に行い、しっかりとした論点のとりまとめをお願いする。財務局には、楽観視できない都財政の状況を踏まえて、長期計画の裏付けとなる財政面の検討をお願いしたい。総務局には、区市町村との調整役としての役割を果たしてほしい。各局には、それぞれの抱えている政策課題について、想像力豊かな議論を行うようお願いしたい」と発言し、会議が終了しました。

詳細につきましては、「新たな長期計画(仮称)」策定に向けた取組 をご覧ください。
 

第1回長期計画策定会議

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.