トップページ > 都政情報 >とちょうダイアリー > これまでの都政レポート > 都政レポート/2019年 > 5月 > ラグビーワールドカップ2019TM日本大会 銀座ラグビーストリート PRイベントを実施

ここから本文です。

都政レポート  2019年5月15日  オリンピック・パラリンピック準備局

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会 銀座ラグビーストリート PRイベントを実施

5月12日、たくさんの人で賑わう銀座みゆき通りで、「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会 銀座ラグビーストリート PRイベント」が行われました。
はじめに、嶋津昭ラグビーワールドカップ2019TM組織委員会事務総長が「いよいよ大会まであと131日。盛り上がっていく中、5月18日からは第3次ラグビーワールドカップ2019TM日本大会のチケットが発売となる。ラグビーのチケットはもう売り切れてしまっているんじゃないかという評判もあるが、東京の開幕戦や決勝戦、日本戦もまだまだあるので、ぜひ購入してほしい」とアピールしました。
小池百合子都知事は、「いつもは買い物で訪れる銀座みゆき通りが、今日は名前も装いもラグビー一色に。9月20日から始まるラグビーワールドカップ、初戦は東京スタジアムで、全国12都市を巡回して行われる。海外からのお客さまには、この機会に日本全国を巡ってほしい」と挨拶しました。

その後、ラグビーワールドカップ2019TMドリームサポーターである伊藤華英さん、織田信成さんのほか、ラグビーワールドカップ2019TMアンバサダー伊藤剛臣さん、ラグビーワールドカップ2015TMイングランド大会日本代表の小野晃征さんと垣永真之介さん、ゲストの武井壮さんが登場し、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会公式マスコットのレンジーやラグビースクールの子供たちと、ラグビー体験・ストリートラグビー対決などにチャレンジして会場を沸かせました。


ラグビーのボールパスキャッチを体験する小池知事


ラグビースクールの子供たちのタックルを受ける垣永真之介選手


ストリートラグビーに参加したレンジー


ラグビースクールの子供たちと対戦

武井さんは、最後に、「ラグビーはボールひとつあれば世界中の人が楽しめるルール。戦う上で必要なパワーや技術、スピード、スタミナ、そしてフィールド上にいる選手全員がそれぞれボールをつないで、サポートし合って、コミュニケーションをとってという、生きていくためのすべての能力を鍛えられる素晴らしいスポーツ。ラグビーワールドカップは世界最強のラガーマンが集う大会なので、もっと盛り上げていきたいし、見るだけでなく、プレイする人たちも増えてほしい」と思いを述べました。

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会チケットの第3次一般販売(先着)は2019年5月18日(土曜日)18時00分から開始予定です。
詳しくは、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会公式チケットサイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.