トップページ > 都政情報 >とちょうダイアリー > これまでの都政レポート > 都政レポート/2019年 > 8月 > 東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー

ここから本文です。

都政レポート  2019年8月29日  オリンピック・パラリンピック準備局

東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー

8月25日、東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニーがNHKホールで行われました。小池都知事は「都は東京2020パラリンピック大会を契機として、都市のバリアフリー化の推進、心のバリアフリーの推進をはかっている。パラスポーツを根付かせ、障害のある方もない方も誰もが活躍できる『ダイバーシティ東京』を実現させたい」と挨拶しました。また、毎年8月25日を「ジャパンパラリンピックデー」と定めることとし、日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長が宣言を行いました。
続いて石原さとみさん、サンドウィッチマンさんらによる聖火リレーユニフォームの初お披露目が行われ、パラリンピック聖火リレーをPRしました。
またこの日は、東京2020パラリンピックメダルデザインの発表が行われました。パラ水泳で21個のメダル獲得経験を持つ河合純一さんがレプリカに触れて「視覚障害者の私は過去にどのメダルがどれか識別が難しく、匂いや重さで判断しようと試みたりした。今回、初めてくぼみが付けられ、1個が金、2個が銀、3個が銅と分りやすい」と感想を述べ、車いすテニスの上地結衣選手は「自分の積み上げてきたものが形になる。それだけでなく応援して下さった方たち皆さんに触ってほしいし、喜びを共有したい」、国枝慎吾選手は「今すぐにも首に掛けたくなる。2020大会で掛けられるように努める」と話しました。
この後、クロージングパフォーマンスなどが行われ、会場全体が2020パラリンピック大会への思いを共有しました。

東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー
東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー

 

聖火リレーPRとランナーユニフォーム発表の様子
聖火リレーPRとランナーユニフォーム発表の様子

挨拶する小池都知事
挨拶する小池都知事

チコちゃんも登場
チコちゃんも登場

 

メダル発表1
メダルの発表

メダル発表2
人々の心を束ねて、新しい風を吹かせる扇をモチーフとしたデザイン

メダルのレプリカの感触について話す河合さん
メダルの感想を述べる河合さん

 

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.