ここから本文です。

平成29(2017)年5月23日更新

マイスターロゴ

いつもベストで
木工塗装技能士 金子雅一(かねこまさいち)さん(平成17年度受賞)

「古いものが、新品みたいに元に戻ったと、お客様に喜んでもらえるのが何よりのやりがい」という金子雅一さん。木工塗装は、取り付け家具などで使用する木材を補強し、磨き上げることで、素材の美しさを惹きたてる作業。白木が多い日本独特の技術だ。
職人の街、荒川区の尾久に生まれ育った金子さん。高校卒業後、デザイン学校に入学し、木目の基礎を学んだ。その後は、約2年間にわたって、7人の親方に付いて修行し、明治時代から140年以上続く父親の木工塗装店を継いだ。
金子さんは、スプレー塗装が主流の中、たんぽずりと呼ばれる伝統技術で、塗装面を磨き上げる。たんぽずりは、木綿わたを綿のサラシで包んだたんぽで、少なくとも7〜8回、表面を重ね塗りをしていくものだ。自分の顔が反射するほどに鏡面が磨かれ、塗装膜の耐久性が高くなるといった良さがある。今では貴重なこの技術を絶やさないために、若い人たちにもノウハウを伝え続けている。
仕事をする上でのモットーは「ミスをせずに、遅くてもいいから丁寧な仕事をすること」。師匠である父親からの教えで、弟子たちにも継承している。急いで早く仕上げても失敗すれば、修正に倍の時間がかかるため、間違えのない正確なものづくりを大切にしてきた。
座右の銘は「いつもベスト」。体調管理も含め、常に最良の健康状態で、最高のものを提供する。47年間の職人人生で培った、職業人としてのシンプルな極意が、この言葉に集約されている。

■東京マイスターWEBサイト http://www.meister-award.metro.tokyo.jp/

写真
オリジナルの道具で、蒔絵(まきえ)のようにラメを振り撒き、机を装飾していく。

ページの先頭へ戻る