ここから本文です。

平成30年(2018年)2月28日更新

ロゴ

川沿いの桜並木に春満喫
大宮八幡宮、善福寺川緑地(杉並区)

桜の写真
五日市街道と交差する尾崎橋からの眺め
こちらよりパソコン用壁紙をダウンロードできます。

3月に入ると、桜の便りが周辺から聞こえ始める。今年の桜見物はどこにしようか、と思いを巡らすのは楽しいものだ。
西永福駅を下り、案内の掲示を頼りに10分ほど歩くと、大宮八幡宮の大きな鳥居が見えてくる。約1000年の歴史を持つこの神社は、安産や子育てなどにご利益があることで知られているが、もう一つ。東京のほぼ中心に鎮座していることから「東京のへそ」の別名を持つ。境内の神聖な気を全身に感じながら、朱塗りの赤門(北神門)を抜けると、目の前に善福寺川、その向こうに和田堀公園の緑地が見える。
この善福寺川に沿うように、和田堀公園と善福寺川緑地、2つの公園が4.2キロメートルに渡り続いており、川沿いの遊歩道には樹齢40年近い桜が約700本植えられている。どの場所からも春の高揚感を味わえるが、上流側の善福寺川緑地の方に進むと、桜の密度はより濃くなる。
湾曲した川沿いの道をゆっくり歩いてみれば、眺める位置や角度によって景観が異なり、趣深い。散策を堪能した後は、バスか徒歩で阿佐ヶ谷方面に向かうも良し。ちょっとした旅行気分に浸れることだろう。

鳥居の写真
大宮八幡宮。桜の開花に合わせ桜まつりが行われる

[大宮八幡宮]京王井の頭線「西永福」駅下車、徒歩7分。
[善福寺川緑地]京王井の頭線「西永福」「浜田山」駅下車、徒歩15分。東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷」駅下車、徒歩10分。

善福寺川緑地サービスセンター 電話03-3313-4247
ホームページ(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ
生活文化局広報課 電話03-5388-3093

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.