ここから本文です。

平成28(2016)年10月31日更新

11月19日は「備蓄の日」1年に1度は、びち(1)く(9)の確認

いつ起こるか分からない自然災害に対して、各家庭で食料品や生活必需品の備えをすることが大切です。
東京都では、備蓄の状況等を定期的に確認する機会としていただくため、11月19日を「備蓄の日」としています。
ぜひ、「備蓄の日」をきっかけに、家族や職場で備蓄について考え、懐中電灯の使用確認や電池の入れ替えなどを行うとともに、食料品・生活必需品を少し多めに備える「日常備蓄」を進めていきましょう。

画像

備蓄の日フェスタ2016~災害に備えて日常備蓄!~

「日常備蓄」について学んでみませんか。
皆さんお誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。

日時

11月19日(土曜)12時~17時

会場

新宿駅西口広場

内容

  • 専門家によるミニセミナー/家庭の防災対策と日常備蓄、日常備蓄を活用した災害食レシピ、防災グッズの選び方と優先順位
  • 防災ワークショップ/ランプづくり体験、家具転倒防止チャレンジ
  • 備蓄品サンプルの展示、災害時のトイレ確保、マンションでの生活継続
  • 災害時に役立つ防災グッズの配布(数量限定) など

問い合わせ先

総務局防災管理課 電話03-5388-2549
ホームページhttp://www.bousai.metro.tokyo.jp/1001855/index.html

ページの先頭へ戻る