ここから本文です。

平成29(2017)年8月31日更新

ご存じですか?「宝くじ」の使いみち
9月2日は「宝くじの日」です

イラスト

皆さんの「夢」として愛されている「宝くじ」の売上金は、皆さんの生活に役立つよう使われています。
なお、当せんした宝くじには1年間の時効があります。この「宝くじの日」を機会に、ぜひお手元の宝くじを確認して下さい。
※はずれ券を対象にした「宝くじの日お楽しみ抽せん」は9月2日です。

29年度に東京都の公共事業等に使われる予定の金額 約632億円

図

  • 子育て推進交付金に約192億円
  • 公園整備に約58億円
  • 認証保育所事業に約39億円

その他、都立学校校舎改築、中小河川整備等、都民の皆さんの生活を支える基盤の整備に役立てます。

9月の宝くじ発売開始予定日

  • 1等100万円スクラッチ(200円) 6日
  • 1等777万円くじ(100円) 13日
  • 1等30万円スクラッチ(200円) 20日
  • 秋のビッグチャンスくじ(200円) 27日
    (1等前後賞合わせて8,000万円)

詳細はホームページ

お問い合わせ
財務局公債課 電話03-5388-2685
ホームページ http://www.zaimu.metro.tokyo.jp/takarakuji/index.html

ページの先頭へ戻る