ここから本文です。

平成30年(2018年)11月30日更新

みんなで築こう人権の世紀
考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心

人権週間ポスターの画像
期間中テレビCM ラジオCM等放送

 

私たちは皆、自分の存在や尊厳が守られ、自由に幸せを追い求める権利を持っています。それが「人権」です。同時に、私たちは他者との関わり合いの中で生きており、多様な個性を認め合い、共に社会を支えていくことが、求められています。
昭和23年(1948年)12月10日、第3回国連総会で初めて人権の保障を国際的にうたった「世界人権宣言」が採択されたことを記念し、12月10日は「人権デー」と定められており、日本では、毎年12月4日~10日を「人権週間」としています。

世界人権宣言70周年 人権週間キャンペーンの実施等について

小池知事からのメッセージ

東京都では、いかなる種類の差別も許されないという、オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念が広く浸透した都市となることを目的として、平成30年(2018年)10月に「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」を制定しました。都としては、条例制定を契機として、多様性を尊重する都市をつくりあげていきます。
この機会に、皆さんもぜひ人権について考えていただき、互いに助け合いながら、誰もがいきいきと生活し、活躍できるまち東京をつくっていきましょう。

東京都における人権施策の基本的方針

東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例

都は、啓発等の人権施策を総合的に実施していくことにより、人権尊重の理念を東京の隅々にまで浸透させていくため、必要な取り組みを推進します。
また、性自認および性的指向を理由とする不当な差別の解消ならびに啓発等の推進を趣旨とし、今後、都が基本計画を定め、必要な取り組みを実施していきます。
さらに、特定の民族や国籍の人々を排斥する不当な差別的言動(いわゆるヘイトスピーチ)の解消を趣旨とし、必要な取り組みや啓発等を進めていきます。これらの取り組み等を実施するに当たっては、表現の自由などの国民の持つ権利や自由を不当に侵害しないよう留意します。

お問い合わせ
総務局人権部 電話03-5388-2585、電話03-5388-2588 ファクス03-5388-1266
ホームページ 「じんけんのとびら」

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.