ここから本文です。

令和元年(2019年)6月30日更新

ロゴ

見る、食べる、感じる。世界最大級の卸売市場
豊洲市場、豊洲ぐるり公園(江東区)

見学者デッキの写真
青果棟の見学者デッキ

日本の新たな台所として昨年10月、開場した豊洲市場。ゆりかもめの「市場前」駅を出ると、全長約1,200メートルに及ぶ長大な施設が姿を現す。
施設は、水産卸売場棟、水産仲卸売場棟、青果棟、管理施設棟と役割ごとに分かれ、早朝から働く人々、構内運搬自動車(ターレ)や大型トラックが休みなく行き交う。プロフェッショナルのための「職場」である一方、来場者が見学等を楽しめる場所も多く用意されている。
マグロに代表される水産物のせりが終わり、水産卸売場棟に静けさが戻る朝9時ごろ、青果棟にはまだ活気が残っている。イチゴの赤、ナスの紫など野菜や果物の色で塗り分けられた見学者コースを進むと、青果卸売場を見渡せるデッキにたどり着く。眼下で稼働する日本の新たな台所の様子に、しばし目を奪われる。
水産・青果の両卸売場を見学した後は、物販フロアや飲食店を巡る楽しみもある。市場全体を囲むように造られた豊洲ぐるり公園からは、東京湾のパノラマと海上を行き交う船舶、対岸には整備中の東京2020大会選手村を見渡すことができる。ランニングコースとしても最適だが、暑さ対策を忘れずに。
築地市場の歴史と伝統を継承した豊洲市場。実際に足を運び、新しい時代の流れを感じてほしい。

公園の写真
潮風が心地よい豊洲ぐるり公園
こちらよりパソコン用壁紙をダウンロードできます。

ゆりかもめ「市場前」駅下車。JR「新橋」駅・東京メトロ東西線「東陽町」駅からバス「豊洲市場」下車。

[豊洲市場]電話 03-3520-8205(代表)。見学は5時00分~17時00分。休市日7月3日・10日・24日・31日(水曜日)、7日・14日・21日・28日(毎日曜日)、15日(祝日)。ホームページ
[豊洲ぐるり公園]豊洲ぐるりパークセンター 電話 03-3520-8819 ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ
生活文化局広報課 電話 03-5388-3093

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2019 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.